生活をより楽しくする エンタメニュースや話題を扱います!

エンタメズネット

レビュー

Fitbit Charge3を1ヶ月半使ってみて気付いたポイント、バンド交換、GPS精度改善、LINEスタンプの着信通知など

投稿日:2019年4月15日 更新日:

前回の記事では、Fitbit Charge3の開封から設定、使い心地などレビューしてみました。心拍センサーの精度が意外と高いことなど意外で嬉しい驚きも有りました。着信通知の便利さなどもあって、手放せない相棒になってきていますが、この手の機器はある程度の期間使ってみて分かる事も出てきます。

そこで、使用開始から1ヶ月を過ぎて気になった点や改善出来る点などまとめてみました。

Charge3を使い始めて週100gぐらいのペースで減量

Charge3を2月17日から本格的に使い始めて1ヶ月半ぐらいになります。まだまだ使い始めたばかりなので、実際に減った体重としてはしれてますが、平均で週100gずつぐらいへってはいるので、良い傾向かなと思っています。

不思議なもので、Charge3は運動をそんなに激しく促してくる訳では有りません。設定にもよりますが、基本的には今日は目標を達成したとか、出来ていないとかその程度で、しかも達成した日には褒めてくれる程度で、達成できていないからと言って、明日はもっと頑張りましょう…なんて言ってきません。

まして、食事制限なんて指示してくる訳でもありませんし、あまりストレスを感じずに、自然に健康な生活へ導いてくれる感じが気に入っています。

励まし方が上手いんでしょうね。

まずは少しでも成果が上がった事を喜びつつ、使い始めて1ヶ月を過ぎたので、気に成った点など纏めてみたいと思います。

標準のバンドは皮膚や肉を挟んで痛い場合も…

標準のバンドは皮膚や肉が挟まって痛いのと、季節が変わったので気分転換に交換。

買ってすぐから気になっている事では有るのですが、結構痛いです(笑)

Charge3のバンドはやや変わったデザインですが、基本的には普通の時計のバンドとそんなには変わらないデザインのハズです。ハズなのですが、なぜか皮膚や肉を挟んでしまう事が有り、バンドを外すと軽く内出血してる場合も有りました。

標準でついてくるバンドは装着感が悪いのが弱点です。

もちろん、心拍計を密着させるために、ややきつい目にバンドを締めるのも有るのですが、普通の時計よりも身につけている時間が長くなりがちなアクティブトラッカーのバンドは快適性の高い部材やデザインにして欲しいなと思います。

幸い、Charge3用にサードパーティ製の換えバンドが多数出ているので、別のデザインの物に交換してみることにしました。

普通の時計のバンドとは装着の仕方が違う事もあって、バンドを取り付ける向きなど色々迷いましたが、とりあえず純正のバンドと比べると皮膚や肉を挟む事もなく快適さは劇的に改善された気がします。色の組み合わせも色々出ているので気分転換に交換してみるのも良いかも知れません。

磁石で装着するタイプのバンドも気になりますね。色々なバンドが出ているのもCharge3の面白いところかなと思うので、また気分転換にチャレンジしてみたいです。

普通の腕時計よりも服の袖が邪魔になる

恐らくFitbit Charge3以外のスマートウォッチやアクティブトラッカー全般に当てはまる特徴ではないかと思うのですが、心拍計を搭載した機種では、正確に脈拍を取るために、手首の関節から指2~3本上に装着するように指示されていると思います。

普通の腕時計の場合、かなり手の甲に近い場所に付ける事も出来ます。この場合、ほとんど袖を捲くらなくても時計を見ることが出来そうですが、ウエアラブル端末の場合そうは行きません。

冬場は厚着なのも有って、服の袖を普通の時計よりも多く捲くらないと画面を見ることが出来ません。袖が短く薄着な季節ならば気にならないのでしょうが、指2~3本の事で随分と装着感や使用感に違いが有るものだなと驚きます。

厄介なのはCharge3の画面が常時点灯では無い点です。画面を表示する方法は本体を軽く叩くか、腕をひねるかの2択ですが、確実に画面を表示させるには袖を捲りながら、本体を叩かなければなりません。

これが袖がある状態だと意外と不便で困ります。

そこで、袖を片手でまくりながら、腕を回す方法もお勧めです。この場合、勢いよく腕を回さなければ反応しないように思いがちですが、実は、かなりゆっくり腕を回しても反応するので、こちらの方法を選択するのが良いのかもしれません。

LINEのスタンプは内容が分からないのが残念

スマホに届く通知類はCharge3でかなりの部分確認できるので、スマホをポケットから取り出す頻度が大幅に減りました。意外と便利なのがNHKなどニュースの通知です。わざわざスマホを取り出して見ると、何だニュースか…ってなりますが、手元で確認出来ると便利ですね。天気予報で雨雲が接近していますなんて通知も便利です。

そして、思ったのと違ったのはLINEの通知です。LINEではテキストのメッセージの場合は問題なく内容を確認できるのですが、スタンプは画像なのもあって内容が分かりません…

LINEでは頻繁にスタンプが使われるのも有って、スタンプが表示できればかなり便利なのにな~などとスタンプが送られてくる度に思ってしまいます。

アプリによっては通知内容の一部が文字化けしてしまう場合も有ります。画像は天気の通知ですが、%や℃が正しく表示されていません。

GPSの精度が低くてコースの記録が酷いのは、ある程度改善出来る!(…かも)

Charge3はスマホのGPSを利用してアクティビティの記録を行うので、ジョギングやウオーキングのコース記録などはスマホの性能にある程度依存しています。私が使用しているスマホがGPSの精度に関しては悪名高いZenfone2 Laserなのも有って、ジョギングのコース記録は、ほぼ使用不能な状態でした。

そのまま諦めるのは残念ですが、触ってるうちにある程度改善出来る事が分かってきたので、纏めておきます。

当初の状態を確認

まあ、酷い状態で、何となくこの辺走ったんですよね?って感じで記録としての意味はほとんどない状態でした。同時に記録したポラールのスポーツウォッチRC3の記録と比べると、相当ズレている事がおわかりいただけるかと思います。

アルミ箔アンテナの追加でGPSの精度向上をこころみる…

Zenfone2 LaserのGPS精度の低さには困ってる人も多いようで、アルミ箔や銅箔でアンテナの追加を試みている人が多数いるようなので、私も試してみました。

結果、気持ちGPSの感度が良くなってグルグル同じところを回ってるように記録されたりは無くなりましたが、折返し地点より早く引き返してしまう問題などは改善されませんでした。

ここで、実はGPS精度の問題だけでなくてCharge3とスマホとの通信の問題もあるのではないかと気づきました。

Fitbitのスマホアプリの設定を見直してみる

常時接続にしてみたり、常に同期にしてみたり設定をいじってみますが、そもそも、コース記録に関係しそうな設定項目が少なく、あまり成果は出ませんでした。

もうこれはZenfone2 Laserでは駄目なんだなと諦めながら使っていたのですが、ある日、常時接続をONにして、アプリを立ち上げっぱなしで走ってしまったら、劇的に精度が改善しました。

なんと、今まではコースの途中で引き返してしまっていましたが、何とか折り返し地点まで記録することが出来たのです。ただ、同じ道で折り返して戻ると、現在地を判別できなくなるのか、コースの記録が正常に行われない場合があるようです。

同じ道で折り返して往復しない

劇的(?)に精度は改善されましたが、折返し地点からの帰りが上手く記録できないので、折返し地点の先端だけ少し大回りしてみました。結果、ほぼ走ったコース通りに記録出来たのではないかと思います。同じ道を往復するコースで走らなけれ良いのでしょうが、ある程度は工夫で改善出来るようです。

ちょっと、走ってない脇道に逸れたり、戻ってるように判定されてる場所も有りますが、この辺りがZenfone2 Laserとの組み合わせでは限界のようです。

後はFitbit Payが使えるようになれば…

Charge3には、電子決済サービスFitbit Payの機能が搭載されているのですが、2019年4月現在いつ使えるようになるのかも分からない状態です。アプリにもFitbit Payの機能は実装されているようなのですが、日本では提携している金融機関が無いので設定を完了出来ません。

スマホでも電子決済は出来るので、どうしても必要な機能では無いのかもしれませんが、ソニーのwena wristのように、電子決済出来るようになると、いちいちスマホや財布を出さなくて済むようになって便利そうですね。

Fitbit Charge3は慣れてくると手放せない!

使い始めて、まだまだ1ヶ月半ほどですが、色々な記録をまとめて記録してくれるので、Charge3は手放せないアイテムになってきました。

購入当初はどう使ってよいのか分かりにくかった睡眠状態の記録機能も、何となく色々試してベストな睡眠環境を追求していけば良いのかなと思い始めています。

最近は、Windowsに夜間モードが搭載されていることに気づいたので試してみています。一定の時間になると画面の色味を赤っぽく変更してくれる機能なのですが、ブルーライトが睡眠に悪影響を及ぼすとも言われている対策ですね。

Windowsの夜間モードが効くのか効かないのかは、もう少し試さないと分かりませんが、耳栓だったり、枕だったり、色々試して睡眠状態をチェックして試していけるのは中々楽しいものだなと再認識しました。

モチベーションの維持には、やはり健康な体や生活習慣有ってのことと思います。Fitbit Charge3は、きっと助けになってくるのではないでしょうか?

Amazonタイムセール

-レビュー

Copyright© エンタメズネット , 2019 All Rights Reserved.