生活をより楽しくする エンタメニュースや話題を扱います!

エンタメズネット

レビュー

首に巻く保冷剤を使って快適に夏を過ごそう!夏場のウオーキングやジョギング・夏イベントのお供に!

投稿日:

熱中対策 首もと氷ベルト 強冷却タイプ

熱中対策 首もと氷ベルト 強冷却タイプ

地球温暖化が原因なのか?そうでないのか?猛烈な夏が当たり前になりつつある昨今ですが、暑いものは暑く我慢しても熱中症を待つのみなので、電池式の扇風機だったり、気化熱で涼しくなるタオルとか、色々試されているのではないかと思います。

出来る限り公共交通機関を利用して歩く距離を減らすとか、そもそも不要不急の外出はしないとか、根本的な解決法は無さそうですが、我が家で比較的効果が有ると家族が認めた方法は保冷剤を首に巻くという原始的な方法。購入してみたのは「桐灰」から出ている「熱中対策 首もと氷ベルト 強冷却タイプ」です。

2018年の夏は猛烈に暑く、夜でもジョギングは辛かった…

ジョギングイメージ

そもそも、なんでこんな事を始めたかと言うと、趣味のジョギングを夏も続けるためでした。夏は夜走っても結構暑いんですよね。

夜走ってる癖に軟弱なと思われるかもしれませんが、私が住んでる京都では、夏場には夜間でも30℃を超える日が有るので、一番暑い日ぐらいなんて言ってると、あっという間にかなりの期間ジョギングをお休みすることになってしまいます。

30℃を超える日にジョギングは厳しいけど、暑いからと言ってあまり間を開けてしまうと次に走るのがシンドい訳です。そんなこんなで、暑い日でも熱中症にならずにジョギングする方法はないか?と考えてたどり着いたのが首に巻く保冷剤でした。

「熱中対策 首もと氷ベルト 強冷却タイプ」を開封してみた

首もと氷ベルト 開封

構造はシンプルで布製のベルトに保冷剤を入れるだけです。保冷剤の何箇所かに切れ目に入っているのできちんと首に沿います。

保冷剤は実際に氷を使って冷却しているので、涼感楽しむ的な他の熱中症対策と違って確実に効果が有ることです。また、冷却の効果も非常に大きいので、発熱量が大きくなりがちな運動にも対応出来ます。

USB扇風機などと違い手に持たなくて良い点もジョギングには向いています。

首もと氷ベルト 保冷剤を入れた様子

ベルト裏側に保冷剤を入れるためのスリットが設けられています。固定するためのボタンやマジックテープは有りませんが、保冷剤が飛び出すような事は有りませんでした。

熱中対策 首もと氷ベルト 強冷却タイプ

4分割されているので、凍っても首に沿います。写真を見ると角が有るので首にフィットするのか怪しい感じがしますが、あまり気にならないのではないかと思います。

熱中対策 首もと氷ベルト 強冷却タイプ

紐の先端に取り付けられたボール状の部品は真ん中で外れるのですが、この機能は必要なかったかもなと思います。稀に外れる事が有ります。紐を絞った後、さらに蝶結びなどにすることも可能です。

ジョギングなら保冷剤が溶けるまで30~40分は使える

熱中対策 首もと氷ベルト 強冷却タイプ

実際、首に保冷剤を巻いて走ってみると周囲の気温が高いのと、走って体温が高くなっているのも有って、みるみる間に溶けていくのですが、それでも30分強は冷たいまま使い続けられることが分かってきました。

そんなに距離を走らない私でも1時間ぐらいは走りたいなと思うので、やや持続時間が足りない感じでは有るのですが、30分強で完全に温くなってしまう訳でも無いので、なんとか一時間ぐらいは走れるかなといったところ。

40分ぐらいでいったん家に戻って保冷剤を交換すれば、倍の時間ジョギングを続ける事も可能かもしれません。もっとウォーキングや通勤などライトな用途ならもう少し持つと思います。

もちろん、夜間にランニングすると言っても暑い日に激しい運動を行うのは各自の体調や体力と相談してもらってのことでは有りますが、比較的短い時間の外出に限って言えば保冷剤を首に巻くという方法は有効だなと感じました。

簡単な保冷バッグに入れると2~3時間程度もつ!

万全な感じの保冷バッグではありませんが、これでも十分効果を発揮しました。

首に巻く保冷剤は冷凍庫から出して直ぐに使うとは限らないし、ジョギング中に交換しながら使えるかもと考え、100均で売ってるような簡単な保冷バッグに包んで、どの程度の時間保つのか?も試してみました。

結果から言えば、気温30℃の日なたに置いた状態で、2時間までならカチカチ。4時間になると、ややザクザクしたシャーベット状になってくる印象です。しっかり使いたいなら2時間程度、ギリギリを攻めるなら3時間ぐらいが限度ではないかと思います。

これで目的地まで少し離れていても持っていくことが可能になります。もう一つ保冷剤を買っておいて、走ってる途中に交換する用途でも十分行けそうです。

ちなみに、簡易な保冷バッグで試してみたのは、どこでも手に入るのと、ちょっとしたバッグを用意すれば容易に持ち運べるからなのですが、2時間程度移動した先で30~40分使用するなんて使い方は十分出来るのではないかと思います。なんだ、2時間しか保たないのかと思われる方もいるかもしれませんが、軽量・手軽な事を考えれば、通勤の途中でちょっと使うとか色々な使いみちは有りそうですね。

くるくると巻けばコンパクトになるのも良いです。今回は日向においてテストしましたが、日陰ならもう少し保ちそうです。

もちろん、もっとちゃんとしたクーラーボックスなどを用意して、別に保冷剤を入れたりすれば半日程度は十分保ちそうなので、スポーツの観戦とか、お祭りの行列を見るとか、色々な用途に使えそうです。さらに何個か用意して交換すれば数時間も使用し続ける事も可能かもしれません。

まとめ

というわけで首に巻く保冷剤をジョギングやイベントのお供に使えないかと考えてみたのですが、いかがでしょうか?

ウオーキングの場合には揺れが少ないと思うので、対応出来る製品が多いのではないかと思うのですが、ジョギングの場合はソゴソ動いてしまう物も有りますので、いくつか試してみるのが良さそうですね。

単品で使うと、それほど持ち時間も長くないし、そんなもんだよね…って感じのアイテムでは有りますが、工夫して使ってみると意外と面白いし実際に役に立つアイテムでは無いかなと思います。夏祭りやフェスなどのイベント、もっと日常で畑仕事や家事なんかで使う程度なら十分役に立つと思うので、熱中症予防などに活用してみてください!

さて、勧めておいて、こんな事を書くのも何ですが、熱中症というのは本当に怖いものなので、くれぐれも熱中症アイテムを過信せず、水分や塩分も取りながら無理や我慢をしない事が大事かなと思います。

暑い日は無理をせず、こういった熱中症対策アイテムも使いながら快適に過ごしたいですね。

-レビュー

Copyright© エンタメズネット , 2019 All Rights Reserved.