生活をより楽しくする エンタメニュースや話題を扱います!

エンタメズネット

akippa 駐車場登録 申込サイトへ

ニュース

Amazonプライムデー セールが本日より開始!登録方法や使い方、注目商品をご紹介 #プライムデー

投稿日:2018年7月16日 更新日:

Amazonプライムデー

Amazonプライムデー」が本日正午より開始されます!これはAmazonプライム会員が参加できるビッグセールです。
期間は7/16[月・祝]12:00~7/17[火] 23:59まで36時間の開催。
TVCMなどもやっているのでご存知の方は多いとは思いますが、改めてプライムデーについて紹介していきます。

Amazonプライム登録方法

Amazonプライムデー」に参加するためには「Amazonプライム会員」になる必要があります(6カ月無料体験あり)。していないならまず登録しましょう。(パソコン画面準拠で書いてますが、スマホでもおおよその手順は同じです)

「Amazonプライムデー」ページにアクセスし、「6ヶ月無料体験する」ボタンをクリック。
※ログインや会員登録がまだの場合は、ログインするか、「Amazonアカウントを作成」でAmazonのログイン用アカウントを作成します。

Amazonプライム申し込み方法

Amazonのアカウントでログインしている状態なら「Amazonプライムデー」ページにポップアップ画面が出てくるので支払い方法をいずれか設定して次へ進んでいきます。
※ちなみに支払い方法の上にある「卒業予定日」というのはPrime Studentという学割サービスの話なので学生なら設定(学籍番号を登録する必要あるはず)、そうでないなら無視してOKです。

あとは画面の手順に従って「Amazonプライム」に申し込みができたら「Amazonプライムデー」に参加可能な状態になります。

Amazonプライムについてこの「Amazonプライム」は期間内(現在は6カ月)に解約しなければ自動的に課金されますが、月間400円(税込)、年間3,900円(税込)なのでこの機会に継続して入っておいたら良いと思います。
Amazonプライムに入っているとAmazonお急ぎ便が利用できたり、Amazon Primeビデオの見放題作品が見れたり、Primeミュージックの聞き放題曲が聞けたり、その他優先割引などが受けられます。またゲーマーならTwitchと連携することで無料でゲームを貰えたりすることもあります。
筆者もずっと会員ですが、デメリットがなくて解約する理由が見当たりません。海外だとPrime会員になるのに、1万円くらいするのでそもそも日本はかなり優遇されていると言えるでしょう。個人的はサービス的に1万円でもおかしくないと思います。

Amazonプライムデー ページの利用の仕方

さて、Amazonプライムに入って「Amazonプライムデー」ページを見るとセール対象商品がずらっと並んでいます。
左メニューなどでカテゴリを絞り込んだり価格帯などで絞りこんだりもできます。
まず事前に欲しいものは「ウォッチする」ボタンを押しておきましょう。(開始直前になるとウォッチできなくなります)

Amazonプライムデーの利用

パソコンの場合

パソコンの場合はとページのかなり下の方に「ウォッチリストに入れたセール」という項目が出ますので欲しい商品だけ集中してウォッチすることができます。

スマホの場合

スマホの場合は「Amazonプライムデー」ページの上の方に「ウォッチリスト」というタブメニューがあるのでそちらを選択します。

セール開始後のウォッチリストタイムセールがスタートしている今現在、ウォッチに入れられる商品を探すのが困難になっています。絞り込みも「開催中」「もうすぐ開始」「完売・終了」しかなくてウォッチできる商品はかなりページ送りしないと見つけにくい状態です。これは改善の余地があると思うんだけど…

それから商品をよく見ると「タイムセール開始は12:29」などと書いてあります(1時間を切っている場合はカウントダウンになります)。
その時間になったら「カートに入れる」ボタンと「価格」が表示されますが、とりあえず迷わず「カート」ボタンを押してください。

カートに入れたら以前であればたしか15分以内くらいの間に決済すればOKだし、間違えてカートに入れたり思ったより高ければキャンセルは可能です。
カートに入れられず限定数いっぱいになると、キャンセル待ちになりますが、恐らくさらに狭き門になります。

欲しい商品が探しにくい!そんな時はキーワード検索

正直言って「Amazonプライムデー」のページはずらっと並んでてカテゴリなどで絞り込めますがそれでも見にくいUIになっています。
1ページあたりの表示量が少なくて、とくに目的の商品を探し出したい時に困ります。

プレライムデーで検索が可能

そこで、上部検索ボックスのプルダウンを「Prime Day」にして商品がキーワードで絞り込めるようになっています。

プレライムデーで検索が可能

スマホの場合は「Amazonプライムデー」のページの上部にある検索ボックスからキーワードで絞り込めるようになっています。

ただ、これ実はタイムセール特価になったものしか検索に引っかかりません。(逆に言うと特価が終了していても引っかかる)
とはいえこれで漠然と探すよりある程度探しやすくなったのではないでしょうか。

「タイムセール特価」「特選タイムセール」の違い

「タイムセール特価」「特選タイムセール」の違い

「タイムセール特価」は特定の時間・数量限定で安くなってる商品です。なくなり次第終了なので早めに買っておく必要があります。また基本的に購入できる数は1つのみです。

「特選タイムセール」はAmazonプライムデー セール期間中ずっと安い商品です。タイムセールに比べると値引き率は控えめな場合が多いですが、セール期間が終わったら当然元通りの価格になりますので欲しいなら忘れずに買っておきましょう。購入できる数はモノによって異なります。

プライムデー限定商品・先行販売も

プライムデー限定商品・先行販売

プライムデー限定商品・先行販売」ページでは様々な限定商品や先行販売の商品が紹介されています。
いずれももちろんなくなり次第終了ですので要チェックです。

Amazon dash button100円セール」も行われるようです。

Amazon dash button100円セール

セール品かどうかに関わらず最大10%のポイント還元キャンペーン

セール品かどうかに関わらず期間中、Amazon Mastercard ゴールドを持ってる人なら最大10%ポイント還元されます。
※Amazonギフト券、Amazonコイン、予約商品を除く。
カードを持ってなくても期間中に1万円利用で3%、2万円利用で5.5%の還元されます。

なお、エントリーが必要なのでこちらエントリーページにアクセスしてください。

 

いかがでしたでしょうか。
また、こちらのページでタイムセール対象商品を一部がまとめて紹介されているので確認しておきましょう。Amazonの製品は基本ずっと安いはずなので7/17[火] 23:59までに忘れないうちに買っておきましょう。

また、Amazonプライムデーは欲しいものをウォッチして買うのも1つですが、適当にセールページを眺めて開始されたものを衝動買いするのもありだと思います。一応カテゴリ絞り込みはありますがハッキリ言ってUIの使い勝手はいまいちですが、たぶんわざとして探しにくくしてるので、ドン・キホーテのような掘り出しモノの発掘感も楽しみの一つだと思います。

余計なものも買ってしまうかもしれませんが、これまで欲しかったものが安く手に入ることもあるし、暑いのでエアコンのきいた家でプライムデー セールを楽しみましょう!

-ニュース -,

Copyright© エンタメズネット , 2018 All Rights Reserved.