PC, デジタル, マクロソフト

Surface Pro 3とSurface Pro 2を比較してみた

2014年6月8日(日)PM 08:47:30

Surface Pro 3とSurface Pro2を比較してみた

以前 Surface Pro 2のレビューを書きましたが、発売から半年ほどで新型が出てしまいました。
どうやらPro2の時点でPro3が出る予定で、そこまで量産しなかったため品薄になってしまった可能性がありますね。
「はてさてどうしようか」と悩みつつも、詳細スペックや値段などがわからないので見送っていましたが、日本での発表もあったので、細かくはいろいろありますが、あらためてPro2とPro3をざっくり比較してみました。

よくなった所!

薄くなった!

厚みが13.5mmから9.1mm!10mmをゆうに切る薄さ!くやしい!

軽くなった!

907gから800gに減量成功!くやしい!

ディスプレイサイズが10.6インチから12インチに!

画面サイズが12インチになりました。
上記のダイエットに成功したというのに画面が大きくなるという矛盾。
そして画面比率が16:9から3:2になりました。
これ意外と重要で16:9だと天地が狭くちょっと作業がしづらいのです。
スージーはいまだに1920×1200pxのディスプレイを愛用しています。
またSurface Pro 2は縦画面にしたときにちょっと長すぎる印象があるのでちょうどよくなったかもしれません。
あ、あとベゼルがずいぶん狭くなった感じがするので12インチとはいえそこまで大きくなった印象はないかも?

Core i7版もラインナップに追加!

前はCore i5が最高でしたがCore i7も選べるようになりました。
普通に使う分にはそこまで差はないかもしれませんが、例えば動画編集などの非常に重い作業の際に違いがでてきます。

Windowsボタンが右に移動した

縦画面での使用を意識してでしょうか。たしかにPro2では縦画面にすると手がWindowsボタンに触れてしまってホームに戻ってしまうことが何度かありました。

キックスタンドがさらに進化

Pro1からPro2でスタンドの使い勝手が良くなりましたがPro3はもっと傾けることが出来るようになりました。
(うっかり踏んでしまってバキっといきそうですが・・・)

タイプカバーの気の利き具合がハンパない

12インチになったとうことでそのぶんタイプカバーも大きくなりました。
が、それだと邪魔だということでちょっと折りたたんで角度もつけられます。
膝上に載せた時にこれまでキー面が下のほうを向いてしまいましたが、ちょうどいい感じになるみたいです。
また公式画像では分かりづらいですがペンを収納することができる穴がついてるみたいです。

もう一声!

相変わらずUSBポートが1つ

まぁだいたいのものインターフェースは無線化できるのでいいのですが、全部無線だと混線してマウスの操作がかくついたりする可能性があります。もうひとつ右側にあれば最高だったのですが・・・。

相変わらずmicroSDカードスロット

大きくなった分microSDではなくフルサイズのSDカードが挿せたなら3:2の画面も相まってカンペキなフォトグラファーマシンになったのに・・・惜しい。

ペンのカタログスペックが落ちた

前はWACOM製の1024段階の筆圧が使える素晴らしいペンタブレットでした(ちょっと端っこのずれが酷かったけど)
でも今回はN-trig製で256段階になってしまいました。
ウワサではWACOMだと9.1mmを実現するのが難しいそうで・・・。
まぁ実機を触っているわけではないので差がどれほどかわかりません。
ディスプレイサイズ的に描き方次第ではそんなに気にならないのかもしれません。
でもやっぱり気になってしまいます。
もちろんワコムのペンは使えないはず。

価格

一番気に入ってるのは・・・値段だ・・・とはとても言えない価格設定。
Pro2でもタブレットとしては二の足を踏んでしまう価格だったので、さらにぐぬぬ・・・となる価格です。

SurfacePro2 SurfacePro3
日本では64GBはなし Core i3、64GB、4GB RAM
99,140円(税込)
Core i5、128GB、4GB RAM
102,651円(税込)
Core i5、128GB、4GB RAM
120,744円(税込)
Core i5、256GB、8GB RAM
133,509円(税込)
Core i5、256GB、8GB RAM
150,984円(税込)
Core i7、256GB、8GB RAM
177,984円(税込)
Core i5、512GB、8GB RAM
184,937円(税込)
Core i7、512GB、8GB RAM
219,024円(税込)

特にアメリカでi3版が799ドルって言ってたのに9万台からってどういうこと?税率も変わったとはいえ・・・今1ドル=100円くらいよね?

Surface Pro2のはじまりの値段が10万からなのでマシになっているように見えますが、容量64GBのCore i3だし・・・。
なんならオフィスなし版とかあってもいいんじゃ?

あとタイプカバーも2,000円アップしています。

そういえば今回はSkypeの1年間無料通話とSkyDriveもといOneDriveの1年間 200GB利用券はつかないんですね。残念。

画面が大きすぎる?

なんか反対のこと言ってますが、iPadより一回り大きいことになるんですよね。
せっかくだから10インチ版のPro3も出せばいいのにと思ったりもしましたが、12インチというスペースがあるからこそ今回のスペックが実現できたのかもしれません。
難しいところです。

まとめ

以上、Pro2、Pro3にはそれぞれいいところがあります。
Pro3は画面サイズ的にPro2と比べてMacbookAirなどのノートPCの置き換えになりそうだし、Pro2は厚みがありつつも画面自体コンパクトなところやペンの精度にアドバンテージがあります。
完全進化と言えない部分があるので難しいところですね。

とりあえず重たい作業をしないならCore i3~i5版で十分でしょう。
動画とかヘビーにゲームをしたい場合はi7版で。

というわけですでにPro2を持っていますが、我慢できずPro3を予約しちゃいました!
i7、256GBモデルを。

あとは7/17を待つだけです。


そういえばスージー書きながら白目むいてたよ
ほぼ半年で新型が出るとかむごいよね

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す




*

このページの先頭へ