アニメ

2014年アニメに起用された注目若手バンド~前編~

2014年12月11日(木)PM 08:16:22

2014年アニメに起用された注目若手バンド~前編~

ロック大好き!ライター・kyouです
こちらのブログの方では、音楽情報を中心に記事を書かせていただきたいと思っています。
さて、今年一年も邦楽ロック界は若手バンドの飛躍がめざましかったなと思います。
その中から、「2014年アニメに起用された若手バンド」ということで何組かご紹介したいと思います。

今年を振り返ってみると、個人的に応援している若手バンドの多くが人気アニメに起用されている印象を持ちました。そこで、2010年以降にメジャーデビューを果たしたバンドを中心にご紹介していきたいと思います。
今回は、その中から春から夏に起用された3組のバンドをご紹介いたします。

グッドモーニングアメリカ

グッドモーニングアメリカの「拝啓、ツラツストラ」は、「ドラゴンボール改」の魔人ブウ編ED4月から起用されていました。(現在は別のアーティストに代わっています)

グッドモーニングアメリカ「拝啓、ツラツストラ」

結成自体は2001年。
2007年に現在のバンド名に変更し、昨年メジャーデビューを果たしました。

私は、今年7月に行われたASIAN KUNG-FU GENERATION主催の「NANO-MUGEN FES 2014」で、実際に彼らのパフォーマンスを見ましたが、迫力と勢いがありつつ、楽しいステージでした。

このNANO-MUGEN FESでは、毎回注目若手バンドが出演するのですが、出演後に一気にブレイクする印象があります。特に、今は中堅となっているチャットモンチーやサカナクションは、NANO-MUGEN FES以降に人気が急上昇して驚きました。ぜひ、彼らもその後に続いてほしいなと思います!
PVを見ていただいてわかるとおり、彼らの音楽は疾走感ある爽やかなメロディーに、ぐっとくる歌詞の世界観が魅力だと思います。

「拝啓、ツラツストラ」は、ドラゴンボールのキャラクター達のように、次々と立ちはだかる大きな壁にも立ち向かっていくポジティブな生き方を歌っていて、実に「ドラゴンボール」の世界観にマッチした楽曲になっていると思います。
(ちなみに、タイトルにもある「ツラツストラ」は、ニーチェの「ツァラトゥストラかく語りき」からとっているそうです^^)

彼らは「開いてく、届けていく」をコンセプトに、一人でも多くの人の心に音楽を伝えたいという想いで楽曲制作を行っているそうです。
また、自主企画の音楽フェスも2012年より開催。自分達だけでなく、周りのバンドも巻き込んで一緒に音楽シーンを活性化させようというスタンスを持っています。

ホームページはこちら(音量注意)
http://goodmorningamerica.jp/

NoisyCell

次にご紹介するNoisyCell(ノイジーセル)の「Innocence」は、アニメ「ばらかもん」のEDに使われていました。
他にご紹介するバンドは、音楽フェスだったりCDだったりと以前から情報をキャッチして知っていたのですが、こちらのNoisyCellに関しましては「ばらかもん」で初めて知りました。
それもそのはず、彼らは2013年結成で今年8月にメジャーデビューという、まさにラウドロック界に彗星のごとく現れた新世代バンドなんですね!所属も、ラウドロックを中心的に扱うVAPです。

彼らの魅力は、交互に繰り出されるスクリームとハイトーンボイス、攻撃的でありながら疾走感溢れる楽曲にあるのではないでしょうか。「Innocence」はミディアムバラードなので、彼らの他の楽曲を聴くとびっくりされるかもしれません。

InnocenceはでPVが期間限定で現在は見られないのこちらをどうぞ。

NoisyCell  「Your Hands Grasping Even Yourself」

私は、11月に行われたHoobastankの来日ライブの大阪の方に行きまして、偶然彼らがゲストとして呼ばれており、演奏を聴きました。演奏技術も高く、ボーカルのハイトーンボイスは特に素晴らしかったですね!

Innocence」は、歌詞が「ばらかもん」の半田先生となるちゃんの関係性を実によく表した素敵な楽曲だと思います。ライブを見た感じでは、バンド自身も「Innocence」という楽曲を大事にしているようでしたよ!

ホームページはこちら
http://www.noisycell.com/

MY FIRST STORY

MY FIRST STORY(マイ・ファースト・ストーリー)の「不可逆リプレイス」は、フジテレビ開局55周年記念テレビアニメ「信長協奏曲」の主題歌となっていました。
レーベルはインディーズのようですが、すでに音楽フェスやライブで大人気です。

MY FIRST STORY 「不可逆リプレイス」

2011年結成。2012年からバンバン音楽フェスに出演し、着実に人気を獲得しているバンドです。

彼らを語る上でどうしても外せないのは、ボーカルHiroの実兄Takaが率いるONE OK ROCK。ONE OK ROCKの方は実写版「るろうに剣心」の映画3作ともに主題歌を担当しているので、楽曲を聴いたことがあるかもしれません。
やはり、兄弟だけあって歌声は良く似ています。

ただし、似ているようでバンドのベクトルは全く違うと個人的には思います。

ONE OK ROCKの方は、最近の楽曲を聴く限りでは海外進出を念頭に置いて制作している節があり、楽曲自体も完成されている感じがします。

MY FIRST STORYの方は自分達の音楽を探って、試して、アグレッシブに突き進んでいる印象があります。1作毎に新たなアプローチをしてくるので、音楽表現の進化をダイレクトに感じますね。

声質も、バンドの音楽性に反して繊細で甘めな歌声だと思います。
(どちらも優劣がつけられない素晴らしいバンドであることは間違いありません!)

今作の「不可逆リプレイス」は、「信長協奏曲」のサブローとミッチーの関係性・彼らの心情をよく表した楽曲だと思いますね!間違いなく、彼らの代表曲となる1曲だと思います。

インターネットの方でも、原作の世界観をうまく表現していると評判のようです。
現在放送中の実写ドラマではMr.Childrenが担当していますが、そちらの方の楽曲と聴き比べてみるのも面白いかもしれませんね。

ホームページはこちら
http://myfirststory.net/

 

以上、春から夏に放送されていたアニメに起用されていた3組のバンドを紹介させていただきました。
いかがだったでしょうか?
少しでも興味を持っていただけたら幸いです。

また、次の後編の方では秋開始アニメに起用されたバンド3組をご紹介しようと思っています。
そちらの記事の方も、よろしくお願いします!


まとい:
ばらかもんおもしろかったな~アニメとしても今期上位だと思う。
みほこ:
ちなみにNoisyCellのInnocenceが収録されている「Your Hands」は今のところタワーレコード限定よ。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す




*

このページの先頭へ