生活をより楽しくする エンタメニュースや話題を扱います!

エンタメズネット

ニュース

ドスパラから「raytrektab DG-D10IWP」筆圧4,096段階のお絵かき向け10インチタブ登場

投稿日:

お絵かき用のタブレットと言えば、最近ではApple iPad Pro+Appleペンシルの組み合わせが人気のようですが、やはりWindowsが動いた方が何かと便利という人も多いのではないかと思います。

そんな中、今回登場したドスパラ 「raytrektab DG-D10IWP」は、Windows10で動作する液晶タブレットPCです。

  • 画面:10インチWUXGA(1,920×1,200ドット)
  • CPU:Celeron N4100
  • メモリ:8GB
  • SSD:128GB
  • バッテリ駆動時間:約7時間

ややCPUが非力な感じもしますが、Celeron N4100のピーク時には2.40 GHzで動作するので、極端な事をしなければ何とか使えるのではないかと思います。

ドスパラからは「raytrektab DG-D08IPWP」という8インチタブが以前から販売されていました。DG-D08IPWPは、低価格ながら、ややスペックが低く、今回の「raytrektab DG-D10IWP」が登場となったようです。バッテリー駆動時間なども改善され、ほぼ全てのスペックが改善されました。

筆圧検知に関しては、旧機種から4,096段階な点には変化が無いのですが、新型のWACOMのデジタイザペンが搭載され、高スキャンレートで低遅延となっているようです。ワコムのペンタブレットなどでも、下位機種と上位機種でスキャンレートに差が付けれられている場合が有ります。地味で気付き難い点では有りますが、より滑らかな描画性が期待されます。
CLIP STUDIO PAINT DEBUTも付属するようなので届いてすぐに使い始めることが可能ですね。

raytrektab DG-D10IWP 製品ページより

 

-ニュース

Copyright© エンタメズネット , 2019 All Rights Reserved.